YEG活動ブログ

2017.04.28

第16回国際花火シンポジウム・大曲の花火「春の章」~物販・青年部警備編~

第16回国際花火シンポジウム・大曲の花火「春の章」ご覧になられましたでしょうか!27日はシンポジウム3日目、花火は昨晩2日目スペインの花火「マジックドリームス」と題し魅惑の花火を披露し、ますます盛り上がりに花を咲かせております!また、花火とともに、大仙市コミニティFM「FMはなび」87.3MHzにて実況中継が放送されております。青年部OBでもあり花火研究家でもある「コニー」こと、小西亨一郎先輩も出演!是非こちらもお聴き逃しなく!

◆FMはなび公式ホームページhttp://fmhanabi.com/(スマートフォン、PC視聴アプリはコチラから http://fmhanabi.com/method/ )

 

【下】大仙市大曲交流センターで行われる商談会と展示会。国内外からの関係者で商談が繰り広げられています。これだけ一堂に介すのは中々ない光景だ。

DSC08066 DSC08053DSC08058

【下】センターロビーにある観光物産協会物販ブース。お土産用にと海外からの販売は大好評!記念TシャツはMサイズと3Lサイズは完売の嬉しい悲鳴だ。(青年部観覧会場店と大曲駅2F店はまだあるとのこと)ここ交流センターは28日(金)午後1時まで開いているので是非お立ち寄りを!

DSC08059DSC08063

【下】所変わって、河川敷会場。青年部OBも会場応援に駆け付ける。観覧会場には様々な物販点とが立ち並ぶ。

DSC08069 DSC08072

【左下】当日券購入に並ぶお客さんの列。海外の花火を見る機会はなかなか無いので是非とも会場で観覧したい。【右下】海外からのお客さんも多く、英語で販売をする山本委員も精を出す!

DSC08082 DSC08085

【左下】青年部ブース横でケバブを販売する佐々木委員。この日はスペインの花火も打ち上がり、異国の料理と共に花火を堪能したい【右下】記念Tシャツを片手に各種花火グッズ担当する深澤委員。春の風と川岸の低い気温の中、気合は十分だ!

DSC08088 DSC08090

【下】本日テント内、勤しむ我らが青年部メンバー。

DSC08080DSC08100

【左下】各種ドリンクを取りそろえ、花火大会を盛り上げる齋藤委員。【右下】ハンドマイク片手に会場案内を担当する木村研修委員長。

DSC08108 DSC08109

【左下】こちらもハンドマイク片手に案内に精を出す委員。おもてなしの鬼だ。【右下】安全に気を配る大日向青年部会長。安全配慮に気を抜けない。

DSC08115 DSC08116

【左下】河川敷土手上に立ち並ぶカメラ撮影陣。数時間後に打ち上がる魅惑の花火を今か今かと構え待つ。【右下】観覧会場前のゲートのようす。

DSC08118DSC08119

【下】観覧会場に通じる道路沿いの警備に勤しむ我らが青年部メンバー達。

DSC08126DSC08122

DSC08124DSC08121

花火プログラムや交通規制など詳しくは下記のページをご覧ください。

【第16回国際花火シンポジウム・大曲の花火「春の章」】公式ホームページhttp://www.oomagari-hanabi.com/isfireworks_spring2017/index.html

 

 

掲載のお問い合わせはこちら »