会長挨拶

令和元年度 大曲商工会議所青年部会長 所信

スローガン The future starts today(未来は今日始まる)

大曲商工会議所青年部 令和元年度会長 木村 勝幸

華やいだ街の風景。たくさんの店が立ち並び、デパートや映画館などもあります。路上では多くの人や車が行きかい、軽快な音楽と人々の笑顔があふれて活気に満ちています。私の頭の片隅に記憶されている、30数年前の大曲の情景です。時代とともに我々の生活は、より便利に安全に効率化され、シンプルで機能的なものになりました。先人たちの知恵と努力により、現在の快適な生活環境があることは言うまでもありませんし、もしかしたら、自分自身でもあの頃に思い描いていた未来空間なのかもしれません。

昨年の夏の終わり、汗と涙に彩られ、たくさんの人々の情熱で輝いた「第37回 日本商工会議所青年部 東北ブロック大会 秋田おおまがり大会」での花火を見ました。感動と安堵感とともに、開催準備に奔走したその日までの記憶が脳裏をかすめ、生涯忘れ得ないであろうと思えるほどの衝撃を受けたことを覚えています。それと同時に、ふと、懐かしい匂いがしました。沢山の人が集まり、汗水流して協力し合い、人々の笑顔があふれた瞬間、あの頃の活気に満ちていた大曲がよみがえったような気がしたのです。ボタン一つでコミュニケーションも買い物もでき、快適な生活環境も得られる便利さに慣れてきて、知らず知らずのうちに無機質になりつつある自分自身のライフスタイルに閃光が走りました。

2019年度、The future starts today(未来は今日始まる)を大曲YEGスローガンとしてスタートします。あの花火に見え隠れした会員の努力と情熱を素晴らしい経験として大曲YEGの新たな活動基盤にできるよう、そしてまた、人と人との心が通い合い活気に満ちたあの日を凌駕する地域空間を創出することを念頭にこのスローガンのもと活動してまいります。 事業形態といたしましては、総体的に事業を通じて得たものをそれぞれの会員企業への落とし込みを視野に入れ、それぞれの会員が企業人として活動する意義を明確に感じることができる取り組みを行います。 大きなテーマとしては3つあります。

1つ目は、≪地域商工業の活性化≫
会員企業間の事業連携や情報交換ができうる機会をより一層高め、延いては地域での事業活動の活性化につなげられるよう活動してまいります。

2つ目は、≪ホスピタリティーの充実≫
大曲の花火に代表される継続事業への参画により、ホスピタリティーを充実させ、皆様に喜んでいただける街、選んでいただける企業、安心・信頼のおける人材にそれぞれがよりステップアップできるよう努めてまいります。

3つ目は≪ネットワークの拡充≫
他単会、外部団体をはじめとした地域内外とのネットワーク拡充を図り、より多角的なビジョンで幅広い活動と、会員拡大を図り地域により深く根を張れる活動を行ってまいります。

今一度ここに結集したパワーを地域、企業、そしてYEGの活動として、活気あふれるものにできるよう、今までに経験したことを次世代へと繋げるよう、今日から始まる未来のために活動することをここに誓い2019年度の所信といたします。

令和元年度 大曲商工会議所青年部 会長 木村 勝幸

令和元年度 大曲商工会議所青年部 活動方針

  1. 地域商工業の活性化への取り組み
    異業種が集うYEGの会員企業間で活動を通して得た情報やネットワークを共有し、自社企業への落とし込みができる活動とする。研修交流事業を主体として社会の動きを敏感にとらえ、次世代も見据えた活動を行い会員企業同士の研鑽につとめる。会員企業同士の土台をしっかりと固め、地域商工業の発展・活性化への足掛かりとする。
  2. 継続事業を通してのホスピタリティーの充実
    大曲の花火をはじめとした各種花火大会、野球大会、夏祭り、花火ウィーク等の継続事業への参画・運営に際して、これまで培ったノウハウを生かしながらの安全安心でより充実や満足が得られる活動を行う。まちづくり活動を主体として、ホスピタリティーの充実した事業展開を行う。
  3. YEG活動からのネットワークの拡充
    2019年度は、東北ブロック会長を輩出している関係もありYEG関連組織とのネットワークを広げるチャンスととらえる。また、これまで連携してきた諸団体とも更に交友を深め、総務・広報を主体として広い視野と行動力が伴う活動を行う。また、会員拡大にも力を入れ、新たなネットワークの拡充にも努める。

掲載のお問い合わせはこちら »